新型うつかもと感じた人は今すぐ医師に相談を

あなたのままでいい

うつ病も進化する

新型うつの治療について

新型うつと聞くと何となく胡散臭い、怠け者がなるものだ、そのような認識を持っている人が未だかなりの数いるのです。確かに症状だけを切り取ってみてみると、自分の嫌なことがあると体調や具合が悪くなり、好きなことをする時は元気いっぱいというので、新型うつを知らなければ怠惰としか思えないかもしれないのです。しかしながらこれはれっきとした病気であって、本人でも抑えることのできないもので、症状のない人には分からない辛さや苦しみがあるのです。そのためにもがき必死になって克服しようとするのですが、病気であって、そう簡単に治るものではないのです。それにもかかわらず周囲の無理解によって、追い詰められてしまう人もいるのです。

周囲の理解と協力が必要です

では新型うつの治療はどうすればいいのかといえば、従来のうつ病と同じく、精神科医での治療となって、投薬とカウンセリングが中心となってくるのです。ただしそれ以上に大切なのは、新型うつはパニック症状の一つであり、周囲の理解と協力が必要となってくるのです。一見すると怠け者にしか見えないのですが、実際のところ、本人もうつ症状が出ている時はかなり辛いものがあるのです。それゆえ病気だと理解して接することが大事になってきて、無理にはっぱをかけたりするのは返って追い詰める結果となってしまい、危険なことがあるのです。 新型うつは新たな病気の一つで、まだまだ分からないことが多いので、これから治療法を見つけることも大切なのです。

新型うつはこれからどうなっていくのか

うつは、古くから人々が悩まされてきた精神疾患です。 ところが近年、新型うつと呼ばれる新たなタイプが、急増してきたのです。そもそも新型うつとは、物事に熱意を感じず、心身に不調をきたすなど症状としては従来のうつと似通っているのです。違うのは従来のうつ病は責任感が強い人がなるものでしたが、新型うつは正反対の自分に甘く他人に厳しい人間がなりやすいとされているのです。 つまり、原因が職場でのストレスだけでなく、本人の性格が関わっている部分もあるといえるのです。これでは、職場環境を改善するだけでは新型うつをなくすことは困難です。ただ、企業側も新型うつとなる社員が増えたことで、新型うつの知識を蓄積して、いくつかの予防法を発見できているのです。これからは、その予防法を行うことで新型うつとなる人を減らしていき、万が一新型うつとなったときに迅速に対応できる体制づくりをしていけるかが鍵となるのです。

治療に使う薬は効果があるのかどうか

うつの治療では、抗うつ薬で治療をしていくことが多いのですが、新型うつに大してはあまり効果がないようです。その理由として考えられるのは、新型うつの原因となるのは、脳よりも精神的な部分であるということです。それではいくら薬で脳に働きかけて神経伝達物質を増やしても、症状は改善されていかないのです。 注意するべき点は、薬の効き目が弱いということで、大量に薬を飲んでしまう患者が増えていることです。大量の薬は中毒症状を起こして、薬を切らしたら禁断症状を引き起こす依存症に陥るリスクがあるのです。 海外では、そのことを懸念して薬の服用に規制がかけられているのですが、日本ではその取り組みは不十分です。くれぐれも薬が害とならないよう、注意を払うことが必要です。